2018/10/14 09:00

町山智浩「アンダー・ザ・シルバーレイク」と「ロング・グッドバイ」の類似点を指摘

映画評論家の町山智浩氏
映画評論家の町山智浩氏

 [映画.com ニュース] アンドリュー・ガーフィールド主演、デビッド・ロバート・ミッチェル監督のサスペンススリラー「アンダー・ザ・シルバーレイク」の公開記念トークショーが10月13日、東京・新宿バルト9で行われ、映画評論家の町山智浩氏が登壇した。

 セレブやアーティストたちが暮らすシルバーレイクを舞台に、消えた美女を探すうちに街の裏側に潜む陰謀を解明することになるオタク青年サム(ガーフィールド)の暴走と迷走を描いた物語。客席の疑問に答える形でトークを進めた町山氏は、約16年前のシルバーレイクは「変な人しか住んでいなかった」と述懐し、首元に垢のついたシャツを集める服飾アーティスト、テルミンしか使用しないバンド、朝から晩までビデオ屋に居座るZ級映画の研究者、ピンクのキャデラックを乗り回す職業不詳の女性といった珍妙な人々のエピソードを次々と披露。そして「(同所が)おしゃれになってしまった原因は、ジョセフ・ゴードン=レビットとジェームズ・フランコが家を買ったからなんです。ハリウッドのヒップな人たちがそういうことをすると、(土地の)値が上がる。すると、アート系の人々がいなくなり、文化としては衰退していってしまうんです」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >