2018/10/14 18:00

岡田将生、父からの初めての“鉄拳制裁”明かす「泣きながら謝りました」

舞台挨拶に立った岡田将生、鉄拳ら
舞台挨拶に立った岡田将生、鉄拳ら

 [映画.com ニュース] お笑い芸人・鉄拳によるパラパラ漫画を実写映画化した「家族のはなし」が10月14日、京都国際映画祭2018で上映され、主演の岡田将生、メガホンをとった山本剛義監督、アートディレクターも務めた鉄拳がイオンシネマ京都桂川での舞台挨拶に出席した。

 原作は鉄拳が2013年に発表し、ネット上を中心に「涙が止まらない」と話題を呼んだ同名パラパラ漫画。成海璃子、佐藤寛太、財前直見、時任三郎らが共演し、リンゴ農園を営む両親とその息子の姿を描いた。

 主人公・小林拓也に扮しギター演奏にも挑戦した岡田は、原作に対し「心がすごく温まって、うるうるしてしまった」といい、「(今作を)親に見てもらいたいと思った」と願いを込める。山本監督は「誰かに泣いてほしいというよりは、見終わったあとに家族に電話してくれれば、大成功の映画だと思います」と明かした。

 撮影は1週間で行われており、岡田は父親役・時任との共演を振り返り「父親の愛が見える最後の瞬間は、どうしても忘れられない1日として、自分のなかで残っています。時任さんの笑顔を見るだけで、うるっとくる」としみじみ。俳優として活動を始めた当初は、実の両親に「不安定な仕事には就いてほしくない、と反対された」そうだが、「いまは背中を押して、応援してくれています」とほほ笑んだ。鉄拳も「両親には、お笑いは反対されると思い、最初は内緒にしていました。けど、実は知っていて、影で応援してくれていた」と感慨深げに話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >