2018/10/14 18:37

中島貞夫監督、20年ぶり長編の世界初上映に「涙がこぼれる」 高良健吾&木村了も祝福

感無量のワールドプレミア
感無量のワールドプレミア

 [映画.com ニュース] 「木枯し紋次郎」「新・極道の妻たち」で知られる84歳の巨匠・中島貞夫監督の約20年ぶりとなる長編劇映画「多十郎殉愛記」が10月14日、京都国際映画祭2018でワールドプレミア上映され、中島監督をはじめ主演の高良健吾、共演の木村了がよしもと祇園花月での舞台挨拶に立った。

 幕末の京都を舞台に、親の借金から逃れるように長州を脱藩した浪人・清川多十郎(高良)、店の用心棒である多十郎に好意を寄せる居酒屋で働くおとよ(多部未華子)、多十郎を頼って上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村)による物語を、迫力の殺陣を交えて描く。観客からの大きな拍手で迎えられた中島監督は、「皆さんの拍手を聞いているだけで涙がこぼれます」と感無量の面持ちを浮かべ、「京都から、もっともっと面白いちゃんばら映画が作れるはず。それが我々の務めで、老いた身に鞭打ちながらやってきた成果です」と晴れやかに語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >