2018/10/17 21:00

元囚人が出演、地獄の刑務所描く“ヤバい過激作”「暁に祈れ」日本版予告

“この冬、最もヤバい過激作”と話題 (C)2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS
“この冬、最もヤバい過激作”と話題 (C)2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS

 [映画.com ニュース]2017年の第70回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映され、熱狂を巻き起こした映画「暁に祈れ」の日本版予告が、このほど披露された。タイに実在する“地獄”と呼ばれた最悪の刑務所を舞台にし、出演者の大半は本物の元囚人“この冬、最もヤバい過激作”と話題だ。映像の前半は、あたかも刑務所に迷い込んでしまったかのような臨場感と恐怖がみなぎり、後半は深い感動と興奮を予感させるシークエンスで締めくくられている。

 イギリス人ボクサー、ビリー・ムーア氏の実話を映画化。再起をかけてタイに渡るも、自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまったビリーは、ある日、警察の家宅捜索後に逮捕され、同国で最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の終わりともいえる場所だった。死と隣り合わせの状況に置かれたビリーだったが、習得したムエタイを武器に、地獄の刑務所を生き抜いていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >