2018/10/18 11:00

「アナベル」第3弾に「死霊館」ベラ・ファーミガ&パトリック・ウィルソン

「死霊館 エンフィールド事件」の一場面 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
「死霊館 エンフィールド事件」の一場面 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース]「アナベル 死霊館の人形」(2014)、「アナベル 死霊人形の誕生」(17)に続く「アナベル」シリーズ第3弾に、「死霊館」シリーズのベラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンが出演することが明らかになったと、米Deadlineが報じた。

 ファーミガとウィルソンは「死霊館」(13)とその続編「死霊館 エンフィールド事件」(16)において、実在の超常現象研究家であるウォーレン夫妻を熱演。一方、「アナベル 死霊館の人形」(14)は、「死霊館」に登場した死霊人形を題材にしたスピンオフで、続編「アナベル 死霊人形の誕生」(17)が作られている。現在、前2作や「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」を執筆した脚本家ゲイリー・ドーベルマンが監督デビュー作として「アナベル3(仮題)」を準備中。本作ではウォーレン夫妻の10歳の娘ジュディ(「gifted ギフテッド」のマッケナ・グレイス)が死霊人形のターゲットとなることから、ファーミガとウィルソンがスピンオフシリーズに初出演することとなった。アトミック・モンスターのジェームズ・ワン監督とサフラン・カンパニーのピーター・サフランがプロデューサーを務める。

 ちなみに、「アナベル3(仮題)」は、「死霊館」から始まったシネマティック・ユニバース、通称“The Conjuring Universe”(死霊館ユニバース)の第6弾。最新作「死霊館のシスター」(18)は世界興収3億5900万ドルを突破しており、これまでに公開された5作品の世界総興収は15億6000万ドルに到達している。

 「アナベル3(仮題)」は2019年7月3日の全米公開予定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >