2018/10/18 13:00

「死霊館」シリーズ第3弾に新鋭マイケル・シャベス監督

マイケル・シャベス監督 写真:Shutterstock/アフロ
マイケル・シャベス監督 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ニューライン・シネマの大ヒットホラー映画「死霊館」シリーズの第3弾に、マイケル・シャベス監督が抜てきされた。

 実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が追った事件を描く同シリーズは、2013年に第1作「死霊館」、16年に第2作「死霊館 エンフィールド事件」が公開され、どちらもジェームズ・ワンが監督、パトリック・ウィルソン&ベラ・ファーミガがウォーレン夫妻役で主演した。

 ワンは、監督するDC映画「アクアマン」(12月21日全米公開)をはじめ複数の新作を抱え多忙を極めていることから、「死霊館3」では自身の製作会社アトミック・モンスターを通じてプロデュースに専念する。

 米Deadlineによれば、シャベス監督は16年の短編ホラー「The Maiden(原題)」でワンにその才能を認められた新鋭で、来年4月19日に全米公開されるニューライン製作、ワンがプロデュースする新作ホラー「The Curse of La Llorona(原題)」で長編初メガホンをとっている。

 「死霊館3」は、「死霊館 エンフィールド事件」「アクアマン」の脚本家デビッド・レスリー・ジョンソンが執筆。ウィルソン&ファーミガがウォーレン夫妻役でカムバックする見込みだ。

 なお、「死霊館」シリーズのプリクエルとなる現在公開中の「死霊館のシスター」(コリン・ハーディ監督)は、シリーズ最高のヒットとなる3億3480万ドルの世界興収を記録している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >