2018/10/18 16:45

新「チャーリーズ・エンジェル」にサム・クラフリン、ノア・センティネオ

サム・クラフリン Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage/Getty Images
サム・クラフリン Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] 女優エリザベス・バンクスがメガホンをとる、米ソニー・ピクチャーズ製作のリブート版「チャーリーズ・エンジェル」に、サム・クラフリンが出演することがわかった。クラフリンは、バンクスと「ハンガー・ゲーム」シリーズで共演している。

 また、米ハリウッド・レポーターによれば、Netflixの新作ロマンティックコメディ「好きだった君へのラブレター」でブレイクした若手イケメン俳優ノア・センティネオも、このほど出演が決定した。

 リブート版「チャーリーズ・エンジェル」は、クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカが主演。パトリック・スチュワート、ジャイモン・フンスー、バンクスが、チャーリー・タウンゼント探偵社のオーナーとエンジェルたちを仲介するボスレー役を演じる。今回は探偵社が世界で諜報活動を行っている設定で、各地にチームを要していることから、複数のボスレーが登場する。

 脚本はバンクスと、「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「蜘蛛の巣を払う女」(クレア・フォイ主演)を手がけたジェイ・バスが共同執筆。バンクスと夫のマックス・ハンデルマン(「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)、エリザベス・カンティロン(「コンカッション」)がプロデューサーを務める。

 リブート版「チャーリーズ・エンジェル」は、2019年9月27日全米公開の予定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャーで感動気分を味わおう。映画ならアクションものを。...もっと見る >