2018/10/18 20:15

有村架純、初のシングルマザー役に「寄り添って演じられたら」

「RAILWAYS」シリーズの第3弾
「RAILWAYS」シリーズの第3弾

 [映画.com ニュース]鉄道に関わる人々の人生をつづった「RAILWAYS」シリーズ第3弾「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」の完成披露試写会が10月18日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の有村架純と國村隼をはじめ共演の桜庭ななみ、歸山竜成くん、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高、メガホンをとった吉田康弘監督が舞台挨拶に出席した。

 若くしてシングルマザーになった晶(有村)が、鹿児島で暮らす義父・節夫(國村)を訪ね、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士になる様子を描く、血のつながらない家族の物語。初めて母親&シングルマザー役に挑んだ有村は、「演じた晶自身も、私自身も、“母親”がどういった役割をしているかわからない。そこは自分自身が、晶に寄り添って演じられたらと思っていました」と役づくりを説明した。

 今作のテーマは「再出発」。有村は「家族のあり方とはなんだろうかと、改めて考えさせてもらえる温かい作品です」とし、「映像も美しく、風景も楽しんでいただけます」とアピールに努める。吉田監督も「大切な人を失った悲しみと、どう向き合っていくか。『前を向いて行きていけ!』と声高に言うのではなく、この映画は悲しみと寄り添った作品になればと思った」と語り、観客に「映画は現実と地続きであるべきだと、常に思う。鹿児島にこういう家族が本当にいると、思いを馳せてもらえたら」と真摯に呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >