2018/10/19 14:30

「マイ・プレシャス・リスト」女性監督、「私が普段思っていることが全部詰まっている」

作品の舞台裏を語ったスーザン・ジョンソン監督
作品の舞台裏を語ったスーザン・ジョンソン監督

 [映画.com ニュース] 第41回トロント国際映画祭(2016年)などで高評価を得た映画「マイ・プレシャス・リスト」が10月20日に日本公開を迎える。女性のリアルな本音を描き、現状を変えようとする主人公の姿に励まされる前向きなメッセージが詰まった作品だ。そんな本作の舞台裏を、来日したスーザン・ジョンソン監督が語った。

 「マイ・インターン」「ホリデイ」など、ユーモアと温かみのあるドラマを手がけてきたヒットプロデューサー、スザンヌ・ファーウェルによる最新プロデュース作。ハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の天才ながら、コミュニケーション能力に欠け、屈折した性格のキャリー(ベル・パウリー)が、セラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)から手渡された6つの課題リストをきっかけに、戸惑いながらも成長していく姿を描く。

 ジョンソン監督はNetflix映画「好きだった君へのラブレター」などを手がけ、長編映画を監督するのは本作が初めて。舞台となる米ニューヨークの風景をはじめ、キャリーの衣装や美術も女性が憧れずにはいられない世界観を作り上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >