2018/10/20 12:00

ココマルシアターが1周年! 総支配人が語る“しくじり”、そして“夢への執念”

 [映画.com ニュース] 「映画ビジネスが、こんなに難しいとは……」。そう苦笑しながら、東京・吉祥寺のミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」(通称ココマルシアター)の総支配人・樋口義男氏は席に着いた。その“しくじり”により何かと話題を集めたココマルシアターが、10月21日に開館1周年を迎える。痛恨の失敗の背景にあったのは、どんな問題だったのか。そしていま、何を思うのか。樋口氏に話を聞いた。

 惜しまれつつ閉館した吉祥寺バウスシアターの意志を継ぎ、立ち上がったココマルシアター。1階部分が通常の映画館で、2階は「出会える場」をコンセプトにしたカフェ、そして3階にはイベントスペースが設けられており、吉祥寺に“新たなミニシアター系文化”を発信し続けている。

 17年4月15日にプレオープンした同館。しかし船出は順風満帆とはいかず、そもそも内装工事が大幅に遅れていたため、プレオープンは1日で中止へと追い込まれた。その後10回以上、開館延期を繰り返し、クラウドファンディングの出資者からは非難の声が相次いだ。同年10月21日、ようやく本オープンにこぎつけたが、万難を排して臨んだはずの初回上映で悲劇が起きる。「マイ・ビューティフル・ガーデン」映写中に機材トラブルが発生し、上映中止となってしまったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >