2018/10/22 05:00

松岡茉優主演で恩田陸「蜜蜂と遠雷」映画化!松坂桃李×森崎ウィン×新人・鈴鹿央士と共闘

恩田陸の最高傑作を豪華キャストで映画化
恩田陸の最高傑作を豪華キャストで映画化

 [映画.com ニュース] 直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、恩田陸氏の名作「蜜蜂と遠雷」が石川慶監督(「愚行録」)のメガホンで実写映画化されることになった。映像化不可能と言われた今作で、製作サイドから満場一致でオファーを受け主演を務めるのは、若手随一の演技力を持つ女優・松岡茉優だ。

 原作は栄伝亜夜(えいでん・あや)、高島明石、マサル・C・レヴィ・アナトール、風間塵という全く異なる境遇にある4人のピアニストたちが、国際コンクールでの熾烈な戦いを通して刺激し合い、葛藤し、そして成長を遂げて“覚醒”していくさまを描いている。映画では松岡が亜夜を演じるほか、松坂桃李が明石、森崎ウィンがマサル、鈴鹿が塵に扮する。

 主人公の亜夜は、13歳のときに最愛の母を亡くしたことで長らく表舞台から遠ざかり、ピアニストとしての活動から距離を置いてきた“元”天才少女。小学生の頃にピアノを習っていたという松岡は、「祖父に買ってもらったアップライトピアノは高価なものでした。でも、中学生になると仕事や友達と遊ぶ方が楽しくて、あっという間に触らなくなり、リビングに置かれたピアノは家具となっていきました。あれから10年ほどたち、いま私の目の前にはピアノがあります」と運命のめぐり合わせに思いを馳せる。「大自然のようでした。寛大で、儚く、残酷で、美しくて」と原作を評し、それだけに「読み終えたとき、この作品を映像として表現するのは難しいと思いました」と明かすが、「音楽はそれぞれの音がある。実体化した音楽で納得してもらえるだろうか。ピアノやクラシックに興味のない人にも、楽しんでもらえるだろうか。これは戦いだと思って撮影に挑んでいきたいです。見てくれた方の頭に音楽を鳴らしたいと思っています」と並々ならぬ覚悟を胸に、10月下旬からの撮影に臨む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >