2018/10/22 12:00

ティモシー・シャラメが薬物依存の青年演じる新作映画、19年4月日本公開!

スティーブ・カレルと共演する 「ビューティフル・ボーイ(原題)」 (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
スティーブ・カレルと共演する 「ビューティフル・ボーイ(原題)」 (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

 [映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」で一躍ブレイクを果たした新星ティモシー・シャラメが主演する映画「ビューティフル・ボーイ(原題)」が、2019年4月に日本公開されることが決定した。

 実話をベースとした本作は、長年のドラッグ依存症を克服し、現在は人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物の半生を描いた物語。8年間に13回の依存症再発、7度の入院を経て更生していく青年ニック役をシャラメ、「フォックスキャッチャー」のスティーブ・カレルが、ニックを見守り続ける父・デヴィッド役を演じている。

 「ムーンライト」にオスカーをもたらしたプランBエンターテインメントが製作を務め、代表のブラッド・ピットがプロデュースを担当し、第86回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた「オーバー・ザ・ブルースカイ」のフェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督がメガホンをとっている。10月12日にアメリカで公開を迎えると、5万5359ドルの館アベレージを記録。公開週末1位となり、配給元のアマゾン・スタジオ最大のヒットスタートとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >