2018/10/22 14:00

米ワーナー・ブラザース、映画版「トムとジェリー」「スクービー・ドゥー」を準備

実写とアニメのハイブリット作品として構想 写真提供:アマナイメージズ
実写とアニメのハイブリット作品として構想 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが傘下のワーナー・アニメーション・グループと共同で、「トムとジェリー」や「スクービー・ドゥー」の長編映画を準備中であると米バラエティが報じた。

 ワーナーは、「LEGO(R) ムービー」(2014)の製作をきっかけに、13年にワーナー・アニメーション・グループを設立。以来、「コウノトリ大作戦!」「レゴバットマン ザ・ムービー」「レゴ ニンジャゴー・ザ・ムービー」「スモールフット」などのアニメ映画を手がけてきた。現在は往年のテレビアニメを新たなヒットシリーズにしようと画策しており、複数の映画企画を準備中。ネコとネズミのドタバタ劇として知られる「トムとジェリー」は実写とアニメのハイブリット作品として構想を練っており、「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」などで知られるティム・ストーリー監督が契約交渉に入っているという。

 また、「ルーニー・テューンズ」の人気キャラクターたちと米NBAのスター選手マイケル・ジョーダンが共演した「スペース・ジャム」の続編を、現在のスター選手であるレブロン・ジェームズ主演で企画しており、こちらは「ブラックパンサー」のライアン・クーグラー監督がプロデューサーを務めることになっている。さらに「ルーニー・チューンズ」の人気キャラクター、ワイリー・コヨーテを主人公にした「コヨーテVSアクメ(原題)」も準備中で、これらはすべて実写とアニメとの合成になる予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >