2018/10/22 15:00

松岡茉優、突出した演技力と揺らぐことなき使命感 TIFFアンバサダーにも意欲満々

 [映画.com ニュース] 日本映画界の若手を代表する女優・松岡茉優が、第31回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のアンバサダーに就任した。昨年の同映画祭では、主演作「勝手にふるえてろ」がコンペティション部門に選出され、観客賞を受賞。さらに松岡本人も才能あふれる若手俳優を称える「東京ジェムストーン賞」に輝いている。今年は出演作「万引き家族」(是枝裕和監督)が、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを獲得する快挙を成し遂げた。一回りも二回りも大きく成長して東京国際映画祭に“凱旋”する松岡に、話を聞いた。(取材・文/大塚史貴、写真/間庭裕基)

 今年も八面六臂の活躍を見せている松岡。年初は「万引き家族」の撮影、3月からは三谷幸喜が演出を手がけた舞台「江戸は燃えているか」に出演し、瑞々しい演技を披露したことは記憶に新しい。怒涛の日々であったことは想像に難くなく、「23年間で最も濃密でした。昨年の東京国際映画祭の後から『万引き家族』の撮影に入り、三谷幸喜さんの舞台にも出演がかないました。お仕事をご一緒したいと願い続けてきた憧れの方々と過ごせましたが、実現するのはもっと遠い未来だと思っていました」と頬を緩める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >