2018/10/23 12:48

岡田准一、苦手なのにホラー映画に主演「台本が怖くて進まなかった」

会見に臨んだ岡田准一、妻夫木聡ら
会見に臨んだ岡田准一、妻夫木聡ら

 [映画.com ニュース] 「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智氏の小説を映画化する「来る」の製作報告会が10月23日、東京・目黒区のウェスティンホテル東京で行われ、主演の岡田准一をはじめ共演の黒木華、小松菜奈、柴田理恵、妻夫木聡、企画・プロデュースの川村元気氏が出席した。

 「告白」「渇き。」などで知られる異才・中島哲也監督の最新作で、正体不明の“あれ”に襲われる人々を描いたオカルトホラー。“あれ”を追うフリーライター・野崎役の岡田は、中島監督との初タッグに「中島監督を“味わう”現場だった」と短いが深い感慨を語り、「以前、実現しなかったこともあるので、『やっと』と嬉しかった」と頬を緩めた。

 一方で、自身は「ホラーは苦手」と語り、怖さのあまり台本を読み進められなかったことを告白。「台本がメチャメチャ怖くて、時間がかかりましたね。完成度が高くて、怖くて進まなくて……。監督から『出てほしい』と手紙を頂いたのがよかった。中島監督じゃなかったら、ホラー苦手なので、もしかしたらやっていないかも」と苦笑いを浮かべた。役づくりで工夫したことを問われると「中島監督のビジョンが細かくあって。初めに会った時に、『ヒゲは6ミリ』と、ミリ数まで決まっていた」と明かし、「『現場にやばい人が来た』と思ってしまう(キャストの)扮装もたくさんありましたし、ビジョンを堪能しながら役づくりしていきました」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >