2018/10/24 09:00

奥秀太郎監督、樋口一葉「にごりえ」をモチーフにした映画の公募オーディション開催

樋口一葉の名作古典をモチーフに、日本とイタリアで撮影
樋口一葉の名作古典をモチーフに、日本とイタリアで撮影

 [映画.com ニュース]デビュー作の「壊音 KAI-ON」(2002)をはじめ、日本の古典を様々なジャンルの作品として世に送り出してきた奥秀太郎監督が、樋口一葉の名作古典「にごりえ」をモチーフにした最新作が始動、メインキャスト級を含む一般公募のオーディションを開催する。なお、脚本は2名のイタリア人脚本家が手掛け、日本とイタリアで撮影が行われる予定だ。

 ベネチア国際映画祭の審査員経験を持つ日下部圭子氏がプロデューサー、国立ベネチア大学映画製作マスター在学中ながら新進気鋭のフラビオ・ブルネッリと、シルビオ・ソルディーニ監督作品などの脚本も手がけるベテラン作家のロベルト・ティラボスキが共同で脚本を執筆する。幕末を目前にした往時から、未来世界に向かおうとする壮大な愛の物語が描かれる。

 「カインの末裔」(07)が、第57回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品されるなど、海外でも高い評価を受ける奥監督。「デビューしてから17年、14本の映画を作りました(うち未発表1、製作中1)。気がつくと、映画であれ舞台であれ、僕は日本の伝統にこだわって作ってきています。節目の15本です。この国に生まれ育ったという事と、僕らが僕らである事との関係性、_今日という時代では日本人が日本人であるだけではない事。そして世界の中で、僕を含む日本人(とされる)人たちの血肉を形作るニッポンをきちんと見つめる映画。映画を作り続けている本音と向きあって、清々しい気持ちで、ワクワクしながら映画を作りたい! 主人公はいまより自由を制限されていた幕末の末端に生きた男女です。行き場のないまま朽ちていく自分にNOをつきつけようとする人間たちです。そんな人たちと世界を共に見つめられたなら、本望この上ありません」とコメントを寄せている。

 今回のオーディションで募集するのは、18~35歳の男女各2名ずつ。経験不問。募集期間は、10月25日~11月20日。撮影開始は、2019年1月~3月の予定。10月25日にオープンする、オーディションサイト(http://www.nigorie-lungo.com)で詳細を告知する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >