2018/10/24 17:00

“見る極楽浄土”インド映画ブームの火付け役「ムトゥ 踊るマハラジャ」4K版予告

「ムトゥ 踊るマハラジャ」の一場面 (C)1995/2018 KAVITHALAYAA PRODUCTIONS PVT LTD. & EDEN ENTERTAINMENT INC.
「ムトゥ 踊るマハラジャ」の一場面 (C)1995/2018 KAVITHALAYAA PRODUCTIONS PVT LTD. & EDEN ENTERTAINMENT INC.

 [映画.com ニュース] 1998年に日本でインド映画ブームを巻き起こした娯楽大作を、世界で初めて4K&ステレオ化した「ムトゥ 踊るマハラジャ」(4K&5.1chデジタルリマスター版)の予告編が公開された。

 リズミカルなダンスや歌を織り交ぜながら、大地主に仕える召使いムトゥの活躍を描いた娯楽大作。インドでオリジナルネガから4Kスキャンと修復作業を行ったほか、「スラムドッグ$ミリオネア」の音楽監督A・R・ラフマーンの監修のもと、5.1chデジタルリミックスを実施した。

 このほど公開された予告編では、“スーパースター”ラジニカーントの雄姿、人気女優ミーナの神々しい美貌を紹介、“見る極楽浄土”と銘打ち、豪華絢爛なミュージカル、痛快無比な笑いとアクションなど、作品の見どころを切り取っている。

 大地主ラージャーの屋敷で働くムトゥは、ラージャー専属の執事、馬車の御者、ボディーガードとして、常にラージャーと行動をともにしていた。ある時、ひょんなことから旅回り一座の女優ランガと恋に落ちたムトゥだったが、ラージャーもまた、ランガを好きになってしまう。さらに、屋敷を乗っ取ろうと企むラージャーの伯父の陰謀により、ムトゥは屋敷を追い出されそうになるが、ラージャーの母シヴァガーミがムトゥの驚くべき出生の秘密を明らかにする。

 「ムトゥ 踊るマハラジャ」(4K&5.1chデジタルリマスター版)は、11月23日から東京・新宿ピカデリーほか全国で順次公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >