2018/10/24 18:00

「肉体の門」「東京流れ者」…映画美術の巨匠、木村威夫氏の展覧会が開催

日本映画美術の巨匠、木村威夫氏の生誕100年を記念した展覧会
日本映画美術の巨匠、木村威夫氏の生誕100年を記念した展覧会

 [映画.com ニュース] 「肉体の門(1964)」「東京流れ者」といった鈴木清順監督の代表作、伊丹十三監督「タンポポ」、柳町光男監督「火まつり」、実相寺昭雄監督「帝都物語」など数々の傑作映画の美術を担当した日本映画美術の巨匠、木村威夫氏の生誕100年を記念した展覧会が、東京・京橋の国立映画アーカイブで開催中だ。

 2010年の逝去から8年、「映画美術とは、人の情念を表現する仕事である」との言葉を残した木村氏は、1944年のデビュー以来60年以上第一線で活躍し、大手映画会社の大作から若手の自主製作作品まで、劇場公開された長編だけでも240本を超える作品に参加。個性の異なる名監督たちと組み、綿密な考証に裏付けられた大胆な発想力と、リアリズムと幻想の境界を自由に飛び越える柔軟性を発揮して、数々の名作誕生に貢献した。晩年には90歳で初の長編監督作「夢のまにまに」(08)を発表するなど旺盛に活動を続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >