2018/10/25 05:00

「ドラゴンボール超 ブロリー」の主題歌は三浦大知の新曲「Blizzard」

悟空と三浦大知がタッグを組む! (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
悟空と三浦大知がタッグを組む! (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 [映画.com ニュース] 国民的人気アニメの劇場版第20弾「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」の主題歌が、三浦大知の新曲「Blizzard」に決定した。あわせて、三浦は11月14日に東京・日本武道館で行われる本作のワールドプレミアにも参加することがわかった。

 映画のオリジナルキャラクターとして、水樹奈々と杉田智和の出演が発表され、主人公・悟空の声を担当する野沢雅子が10月の「ニューヨーク・コミコン」に参加するなど、12月の公開に向けて盛り上がりを見せる本作。「力の大会」後の平和な地球で、悟空は宇宙のまだ見ぬ強者に備え、更なる高みを目指して日々修行に明け暮れていた。ある日、悟空とベジータの前に、超サイヤ人・ブロリーが現れる。地獄から舞い戻ったフリーザを巻き込み、3人のサイヤ人の運命は交錯し、やがて壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。

 主題歌を担当する三浦は、圧倒的なパフォーマンス力で、昨年「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした実力派。自ら脚本を読み込み完成させた主題歌について、「今回の映画でもサイヤ人それぞれに越えなければならない壁があり、それをどう乗り越えていくのかが描かれていました。『Blizzard』は、そういうキャラクターの心情に加えて、今回闘いの舞台になっている『氷の世界』をテーマにしています」と語る。

 さらに、楽曲製作の裏側にあった思いを「現代社会でも、普段僕たちは様々な情報の中で『氷塊』の中で固まっているように生きている。何かを超えるときに、氷を割って本当の自分になるにはどうしたらいいか。それは今回の映画のキャラクターにも、現代社会にも通じる普遍的なテーマだと感じた」と明かした。

 「ドラゴンボール超 ブロリー」は、12月14日から全国で公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >