2018/10/25 20:17

第31回東京国際映画祭開幕!初参加の稲垣吾郎に大歓声「最高の思い出」

レッドカーペットを歩き、大歓声を浴びた稲垣吾郎
レッドカーペットを歩き、大歓声を浴びた稲垣吾郎

 [映画.com ニュース]第31回東京国際映画祭が10月25日、東京・六本木ヒルズで開幕した。この日、最も大きな歓声を浴びたのは、コンペティション部門に選出された阪本順治監督作に主演した「半世界」の稲垣吾郎。同映画祭に参加するのは初となったが、「面白かったです。日本で初めての経験。今までテレビなどで見てきた光景と同じ。このメンバーと一緒に歩けて最高の思い出になった」と満面の笑みを浮かべ、共演の長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、阪本監督とともに沿道のファンに手を振った。

 “いの一番”でレッドカーペットに姿を現し、ファン1848人の熱視線を独占したのは、今年の映画祭アンバサダーを務める女優の松岡茉優。男性ファンの声が裏返るほどの呼びかけに、「すごく嬉しかった! (昨年は土砂降りだったが)今年は晴れて良かったです!」とニッコリ。さらに、「大好きな映画祭のアンバサダーに選ばれて本当に光栄です。皆さん、一緒に映画を楽しみましょう!」と呼びかけることを忘れなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >