2018/10/25 21:30

役所広司、特集上映の意外な注目点をアピール 松岡茉優はTIFFを通じた“連鎖”を期待

過去に出演した作品は見返さないという役所広司
過去に出演した作品は見返さないという役所広司

 [映画.com ニュース]第31回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが10月25日、東京・EXシアター六本木で行われ、Japan Now部門で特集される役所広司、 アンバサダーを務める松岡茉優、オープニング作品「アリー スター誕生」のスペシャルサポーター・寺島しのぶ、レイフ・ファインズ、コンペティション部門のブリランテ・メンドーサ審査委員長らが出席した。

 セレモニーは、和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」による圧巻のパフォーマンスで幕を開けた。特集企画「映画俳優 役所広司」として「孤狼の血」「キツツキと雨」「CURE」「うなぎ」「Shall We ダンス?(1996)」が上映されることになった役所。今映画祭の第10回では、「CURE」で最優秀男優賞を受賞している。「(上映作品は)20数年にわたる5本の映画。どうやって役者の肌や色々なものが劣化していくのか――使用前、使用後を楽しんでいただければ光栄です(笑)」と挨拶して笑いを誘った。過去に出演した作品は「見返すことがないんです。(鑑賞は)老後の楽しみにとっておこうかと思います」と明かしながらも、「素晴らしい監督たちの作品ですので、お客様には楽しんでいただけると確信しています。(上映時には)裏話も話しますし、昔のことだから時効になった話もありますので、是非劇場に足を運んでください」とアピールしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >