2018/10/26 08:00

「第三世代」が劇場初公開、ファスビンダーのインタビューを入手

「ベルリン・アレクサンダー広場」 (1979-80)撮影時のファスビンダー (c) 2006 - Bavaria Media GmbH LICENSED BY Global Screen GmbH 2012, ALL RIGHTS RESERVED
「ベルリン・アレクサンダー広場」 (1979-80)撮影時のファスビンダー (c) 2006 - Bavaria Media GmbH LICENSED BY Global Screen GmbH 2012, ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース]ニュー・ジャーマン・シネマの鬼才、ライナー・ベルナー・ファスビンダー監督の劇場未公開の2作品「13回の新月のある年に」(1978)、「第三世代」(79)が、10月27日からユーロスペースで公開される。このほど、意志と表象としての世界のテロリストたちを描いた「第三世代」発表当時に、ファスビンダー監督が作品を語ったインタビューを映画.comが入手した。

--前作「13回の新月のある年に」が極めて複雑で重層的な構造の映画であることに比較して、本作は?

 「この新作はとても単純だ。というのはこれが一つのテーマ、一つの問いかけ、一つの想像力の出発点を持つからだ。つまりテロリズムが結局のところ資本をよりよく保護するために資本が生みだしたアイデアだということだ。このアイデアはとても複雑なので、ともかくこの映画をシンプルに作ろうと心掛けた。映画の基本アイデアをできるだけ多彩にし、できるだけ派手に物語ることで、観客もこのアイデアを自分で受けとめられるようにした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >