2018/10/26 15:30

製作費2億円で炭鉱町も再現 時代の転換期に生きた詩人の苦悩と夫婦愛を描く中国映画

(左から)リウ・ハオ監督、女優の ソン・ジア、俳優のチュー・ヤーウェン、 プロデューサーのアイビー・ホー
(左から)リウ・ハオ監督、女優の ソン・ジア、俳優のチュー・ヤーウェン、 プロデューサーのアイビー・ホー

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された中国映画「詩人」が10月26日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したリウ・ハオ監督、女優のソン・ジア、俳優のチュー・ヤーウェン、プロデューサーのアイビー・ホーが会見した。

 中国の経済改革の最中、詩で人生を変えようとした鉱山労働者のリー。妻のチェンは夫を全身全霊で支えたが、急速な経済成長はあらゆる精神的信条の価値を下げ、リーは詩を書くことができなくなる。

 リウ監督は「1980年代中ごろから90年代にかけての物語。社会主義経済から市場経済へとの転換期を迎える時期でした」と物語の時代背景を説明。この時代を選んだ理由は「私自身この時代を経験してきて、今も興味深い時代だった。中国の経済が大きな変化を見せ、世の中ががらりと変わるような大変革の時でした。人間は非常に大きな困惑、苦境に立たされたのです。そんな中、人間がどう生きてきたのかを見つめたかった」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >