2018/10/26 18:30

長谷川博己、「アジア三面鏡」は「色っぽい映画になった」 松永監督は得た“財産”明かす

会見に臨んだ長谷川博己ら
会見に臨んだ長谷川博己ら

 [映画.com ニュース] 国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクトで製作されたオムニバス映画「アジア三面鏡2018 Journey」の会見が10月26日、開催中の第31回東京国際映画祭で行われた。長谷川博己や松永大司監督ら、日本、中国、インドネシアの俳優・監督陣が、「旅」をテーマとした今作を語った。

 日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作する「アジア三面鏡」のシリーズ第2弾。長谷川&松永監督による一編「碧朱(へきしゅ)」は、ミャンマー・ヤンゴン市内で働く日本人商社マン(長谷川)の視線を通じ、民主化して間もない街の進化と喪失を色彩豊かに紡いでいく。

 ミャンマーでの撮影に思いを馳せた長谷川は、「短いが貴重な体験ができた」といい、「わかりやすい描写はないですが、色っぽい映画になった」と胸を張る。「未開の地や旅が好きなので、お受けさせていただいた」と明かしたうえで、「欲を言えば、この3つの作品全部に、少しでもいいから出たかった。エドウィン監督の作品で最後、なぜか北村一輝さんが出ている。『この役、俺でもいいじゃん!』と思った」とぼやいてみせ、場内を沸かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >