2018/10/26 19:30

巨匠ガリン・ヌグロホ、インドネシア女性監督の重要性を熱弁

女優アニサ・ヘルタミも ガリン・ヌグロホ監督の教え子!
女優アニサ・ヘルタミも ガリン・ヌグロホ監督の教え子!

 [映画.com ニュース] 1970~90年代のインドネシアを舞台にした映画「めくるめく愛の詩」が10月26日、東京・六本木で開催中の第31回東京国際映画祭「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #05 ラララ♪東南アジア」で上映され、メガホンをとったガリン・ヌグロホ監督、出演した女優アニサ・ヘルタミがティーチインに出席した。

 インドネシアで暮らす幼なじみのルーミーとユリア。需要が減ったラジオの技術者であるユリアの父親は、妻と娘を残し家を出てしまう。一方、アメリカから輸入されるソフトドリンクに押され会社が傾いてしまったルーミーの父親も、不機嫌が募って妻を殴るようになる。政治的・経済的な状況を背景に、若い2人が思いがけない別離や遭遇を経験する様子を描く。

 東京国際映画祭への参加は13回目となるヌグロホ監督は、「私の作品は13本も上映させて頂いたということで、大変誇りに思っております」と感慨深げに語り、「この作品には私の個人的な体験も描かれております。例えば、オープニングで子どもたちが橋に座っているシーンなどは実体験です」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >