2018/10/27 13:00

篠崎誠監督、80年代のダークヒーロー映画の魅力を語る

篠崎誠監督
篠崎誠監督

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「ミッドナイト・フィルム・フェス!」部門で、特集上映「金曜洋画劇場 in '80s」が10月26日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、1970~80年代の映画をこよなく愛する篠崎誠監督がトークショーに立った。

 ジェームズ・キャメロン監督の出世作「ターミネーター」、ウェス・クレイブン監督のホラー「エルム街の悪夢」、ポール・バーホーベン監督のSFアクション「ロボコップ」という80年代のダークヒーローものをオールナイト上映するという企画。篠崎監督は「80年代を語る上で外せない作品。共通しているのはヒーロー然としていないこと、CGIの技術の過渡期であること」と解説した。

 「エルム街の悪夢」は見直したそうで、「ある人物が火だるまになるシーンは大変だったらしい。転がり落ちて終わりかと思ったら、また駆け上がる。これはCGIではなく、カメラの前で実際に撮る、ライブの面白さ。『ターミネーター』は当時、低予算だったけども、いろんなことをやっている。アーノルド・シュワルツェネッガーは当時スターではなかった。『ロボコップ』のピーター・ウィアーもそう。『エルム街』のヒロインのヘザー・ランゲンカンプも、ロバート・イングランドもオーディションで決まった。スターが出ていると、この人は死なないと思ってしまうが、スターが出ていないがゆえにストーリーが読めない面白さもある」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >