2018/10/27 17:00

松永大司×デグナー×エドウィン「アジア三面鏡」を通じた“気づき”を告白

それぞれの“気づき”とは?
それぞれの“気づき”とは?

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のマスタークラス「『アジア三面鏡』シンポジウム」が10月27日、六本木アカデミーヒルズで行われ、オムニバス映画「アジア三面鏡2018 Journey」でメガホンをとった松永大司監督、デグナー監督、エドウィン監督が出席した。

 国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクトで、「旅」をテーマに製作されたシリーズ第2弾。性格の異なる母娘を活写したロードムービー「海」を手がけたデグナー監督は、第28回の「アジアの未来」部門上映作品「告別」の脚本を執筆した際に「ある程度の物語は書き上げていた」と同作が“続編的位置づけ”であることを告白。そして「大きな違いはプロの俳優を起用した点。『告別』ではリアリスティックな描写を求めていたので、今回は新しい試みだった」と明かし、3作を通じての気づきは「意図したことではないのですが、互いの作品が“鏡”になっている」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >