2018/10/27 20:55

テロで肉親を亡くした青年と少女の希望描く「アマンダ」監督、「今のパリを映したかった」

ミカエル・アース監督、 プロデューサーのピエール・ガイヤール
ミカエル・アース監督、 プロデューサーのピエール・ガイヤール

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたフランス映画「アマンダ(原題)」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したミカエル・アース監督、プロデューサーのピエール・ガイヤールが会見した。

 パリで複数の仕事を掛け持ちして生計を立てる青年ダヴィッドがある日、テロで姉を失い、残された姪(めい)のアマンダの養育者となる。悲劇を乗り越えようとする家族の愛と再生の物語。

 パリでのテロ、現代の家族関係、若者の恋愛など、さまざまな要素が盛り込まれた作品だ。アース監督は「普段は撮りたいものを直感的に考えますが、今回は複数の出会いや出来事があり、企画した作品です。美しさ、もろさ、テロの悲劇、そしてエネルギッシュな今のパリを映したかったのです。また、若者と子どもがテロという悲劇を経て、互いに寄り添っていくことや、父性について、そしてテロの乗り越えたその後も描きたかった」とテーマを説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >