2018/10/27 22:50

レイフ・ファインズが来日!監督作「ホワイト・クロウ」は「人生を投入して作った」

レイフ・ファインズ監督と プロデューサーのガブリエル・タナ
レイフ・ファインズ監督と プロデューサーのガブリエル・タナ

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたイギリス映画「ホワイト・クロウ(原題)」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したレイフ・ファインズ監督、プロデューサーのガブリエル・タナが会見した。

 史上最高のバレエダンサーのひとりと呼ばれる、ルドルフ・ヌレエフの半生をファインズが映画化。型破りな技術と性格を持つダンサーのキャリア開花と、ソ連からの亡命劇をスリリングに描く。

 3度目の監督作を引っさげ、日本の報道陣の前に立ったファインズは「自分たちの人生を投入して作った映画です」と、挨拶と共に作品への思い入れを語る。「一番強調したかったのは、ヌルエフのキャラクターです。若いアーティストが自己実現したいという意志、スピリットに感激したのです。この映画は3つの場面で構成されていて、それが合わさったものが彼のポートレートとなり、そして、彼が闘ってきたものが最後の一言に集約されています」とテーマを説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >