2018/10/28 06:00

宮地真緒、主演最新作で「本気で殴り合った」 シングルマザー役も「出し切れた」と自信

舞台挨拶に立った宮地真緒ら
舞台挨拶に立った宮地真緒ら

 [映画.com ニュース] 宮地真緒が主演した映画「夜明けまで離さない」が10月27日、東京・池袋のシネマ・ロサで公開され、宮地をはじめ共演の毎熊克哉、山田奈保、手塚真生、メガホンをとった森岡利行監督が舞台挨拶に登壇した。

 スナックのホステスと暴力団のヒットマンが偶然出会い、惹かれ合っていく姿を描いたラブストーリー。子持ちのホステス・桑原美咲に扮した宮地は、「背負っているものが多い役。自分の経験不足だったり、難しい部分はありましたが、今の私が出せるものは出し切れたと思います」と胸を張り、「親子関係を演じるうえでは(子役と)2人でいるときはたくさん話したし、遊んだ。いい関係が築けました」と充実の様子で振り返った。

 さらに注目ポイントを聞かれると「撮影期間中、全部のシーンでさらけ出し、ストレスフルな状態でいた」と高い負荷をかけた日々に思いを馳せ、「(同僚役の)奈保ちゃんと殴り合うシーンも、本気で殴り合いましたし、がむしゃらにやっています。そういう部分が伝わればいいな」と願いを込める。これを受け山田も「撮影中、毎日悲惨なメイクを施されていました。結構ひどい目にあっています」と苦笑しつつ、「でも、こういうのもいいなと、今までにない魅力を知れた。引きながらも、かぶりついて見て」と真摯に呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >