2018/10/28 13:53

白濱亜嵐×平祐奈W主演! 難病を抱える少女を描く「10万分の1」映画化

フレッシュな制服姿の2人 (C)宮坂香帆・小学館/ 映画「10万分の1」製作委員会
フレッシュな制服姿の2人 (C)宮坂香帆・小学館/ 映画「10万分の1」製作委員会

 [映画.com ニュース] シリーズ累計発行部数120万部を記録した宮坂香帆氏の人気コミックス「10万分の1」が、白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)と平祐奈のダブル主演で実写映画化されることがわかった。あわせて、2人のさわやかな制服姿もお披露目された。

 「『彼』first love」「僕達は知ってしまった」などで知られる宮坂氏が手掛け、10月26日に最終巻の発売で完結を迎えた漫画が原作。高校生の桐谷蓮(白濱)は、剣道部に所属するイケメンのモテ男子。蓮と中学校からの仲良しで、剣道部のマネージャーを務める桜木莉乃(平)は、蓮に密かに思いを寄せるものの、自信のなさから気後れしてばかり。ある日、蓮の告白がきっかけで遂に付き合うことになった2人だったが、やがて莉乃の体に異変が起こる。

 「ひるなかの流星」で高校生を演じていた白濱は、本作でも再び高校生役に挑戦。役どころについて、「今回僕が演じる桐谷蓮は、部活に仲間に恋にと、全ての学生生活に対して全力で真っ直ぐなキャラクターだと感じています」と語る。「特に莉乃への愛情は強く、その莉乃への思いをしっかりと、スクリーンを通しても伝えられるように努力していきたいと思います!」とアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >