2018/10/28 14:45

レイフ・ファインズ監督、撮影秘話を披露「モナリザを独占できた」

レイフ・ファインズ監督
レイフ・ファインズ監督

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品作「ホワイト・クロウ(原題)」が10月27日、東京・六本木のEXシアターでアジアンプレミアされ、監督、製作、出演のレイフ・ファインズがティーチインを行った。

 原題は「比類なき者」という意味で、世界的に活躍したソ連のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの伝記。極貧の幼少時代から、舞踊の才能が開花するレニングラードのバレエ学校時代、1960年代初頭のパリでの滞在、ル・ブールジェ空港で亡命するまでをスリリングに描く。ロシア文化に深い造詣を持つファインズが20年前にヌレエフの伝記を読み、映画化の構想を抱き続けていた。

 満席の客席から盛大な拍手を贈られたファインズ監督は「これは有名な時代ではなく、若きヌレエフの話です。自己実現したいというダイナミックな精神に感動しました。彼は時に人を怒らせてきたことで有名ですけども、ダンサーとして完璧を目指したいと思っていました。ひとつの背景として、冷戦ということがあります。そんな中、自由になりたいと思い、実現した。人間として勇気ある行動だと思う」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >