2018/10/28 15:15

「それぞれの道のり」K・タヒミック監督、フィリピン芸術界の偉大な称号を獲得!

「ナショナル・アーティスト」の称号を獲得
「ナショナル・アーティスト」の称号を獲得

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門に出品された「それぞれの道のり」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、ブリランテ・メンドーサ監督、キドラット・タヒミック監督、キャストのカブニャン・デ・ギーア、エグゼクティブプロデューサーのウィルソン・ティエン氏がティーチインに出席した。

 フィリピン映画生誕100周年を記念して製作された本作は、「立ち去った女」のラブ・ディアス、「ローサは密告された」のメンドーサ、「虹のアルバム 僕は怒れる黄色'94」のタヒミックという国際的に名の知られた3監督によるオムニバス作品。統一テーマは「旅」となっており、炭鉱労働者3人が密林で不思議な体験をする「Hugaw (Dirt)」(ディアス監督)、土地を収奪されたミンダナオ島の農民たちの抗議の旅を描く「Defocado(Defocused)」(メンドーサ監督)、家族旅行を活写したドキュメンタリー「Lakan Ni Kabunyan(Kabunyan's Journey)」(タヒミック監督)で構成されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >