2018/10/28 15:15

野尻克己監督、デビュー作「鈴木家の嘘」は産みの苦しみ!?「トイレが出なくて」

新人の野尻克己監督に温かい眼差し
新人の野尻克己監督に温かい眼差し

 [映画.com ニュース] 新人の野尻克己監督のデビュー作「鈴木家の嘘」が10月28日、第31回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門でワールドプレミアとしてTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。

 野尻監督は大学卒業後、熊切和嘉監督、豊田利晃監督らに師事。熊切監督の「海炭市叙景」、石井裕也監督の「舟を編む」など多くの作品で助監督として経験を積み、今回、自身の体験を基にしたオリジナル脚本を書き上げた。

 長男が自ら命を絶ったことでショックを受け記憶を失った母親のために、父親や長女らがさまざまなウソをつき、家族のきずなを守ろうと奮闘するストーリー。父親を演じた岸部一徳は、「新人の監督が自ら脚本を書くことはあまりない。読んでみたら、うっかりすると悲劇に持っていけるものを思わず笑ってしまうようなバランスが良かった。ぜひ、出たいと思った」と称えた。

 母親役の原日出子はプロットの段階で出演を決めており、「完成度の高い脚本で、いい作品になると確信しました。同時に役どころの大きさに責任を感じ、身の引き締まる思いでした」と述懐。長女を演じた木竜麻生は、自身の次女と生年月日が同じで「運命を感じました」とうれしそうに明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >