2018/10/28 17:10

大九明子監督、「TIFFティーンズ映画教室」で特別講師「口出しのしがいあった」

映画を作る喜びを体感
映画を作る喜びを体感

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭・ユース部門の、中学生向け映画ワークショップ「TIFFティーンズ映画教室2018」で制作された短編と、その模様を追ったドキュメンタリー「映画がうまれるとき」が10月28日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。

 全国の中学生を対象に、応募のあった中から抽選で24人を選抜。「勝手にふるえてろ」で昨年の東京国際映画祭の「観客賞」を受賞した大九明子監督を特別講師に迎え、6人ずつ4班に分かれて夏休みの8日間を利用し、企画から撮影、編集、ポスター制作までを行った。

 「カミサマノオトモダチ」「煎餅」「Birthday」「15の夏 優しい嘘はだれを幸せにするのか」の、いずれも10分前後の4作品。大九監督は、「そもそもプロとアマに分ける感覚はなくて、映画が作りたいと思って集まった皆は同じ立場。いつの間にか楽しんでいる自分がいた」と講評した。

 特に、「煎餅」に関しては「プロデューサーから『あまりに面白くないアイデアをやろうとしていますが、どうしましょう』と聞かれたので、何が面白いのか聞きたくて、いろいろとディスカッションをした」と説明。「日常を切り取る中で、笑いをやりたいということが分かったので口出しのしがいがあった。いろいろな発見もできて面白かった」と満足げに話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >