2018/10/28 17:30

オカルト、ゾンビで人間の恐怖を描く女性監督「ブラジルは神秘主義やシンクロニシティの観念が強い国」

ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督と プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ ウェルトヘイ
ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督と プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ ウェルトヘイ

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたブラジル映画「翳りゆく父」が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督、プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ウェルトヘイが会見した。

 母を亡くし、不思議な力で願い事を叶えることのできる少女が主人公。同居していた叔母も黒魔術を信じ、少女は叔母とボーイフレンドとの仲を復活させる。一方でリストラに怯える父は、次第に様子がおかしくなっていく。オカルト、スピリチュアル、ゾンビなどホラー要素を盛り込んで描いた家族のドラマ。

 アウメイダ監督は「私は人々に共通するものは、死への恐怖だと考えています。恐怖は表面的なホラーでも描けるし、ホラーを内包するドラマも描ける。友愛も人をつなげますが、私は恐怖がモチベーション。とりわけこのジャンルが好きなのです」と自身の作風を紹介する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >