2018/10/29 10:00

香港の鬼才フルーツ・チャン、女性の性欲描く「三人の夫」は「中国本土では上映できない」

脚本のラム・キートー、女優のクロエ・ マーヤン、フルーツ・チャン監督
脚本のラム・キートー、女優のクロエ・ マーヤン、フルーツ・チャン監督

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された香港のフルーツ・チャン監督による「三人の夫」が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したチャン監督、女優のクロエ・マーヤン、脚本のラム・キートーが会見した。

 半人半魚伝説が残る香港の港でボートで暮らし客を取る娼婦が主人公。人間離れした性欲を持つ女は3人の夫を持ち、男たちに搾取され続けてもひたすら行為を続ける。香港の鬼才が、美しい映像表現とセックスを通じて時代を風刺する問題作。

 「ドリアン ドリアン」(00)、「ハリウッド☆ホンコン」(01)に続く娼婦3部作の最終章。チャン監督は「女性のセックスを中心にした映画を撮ることは、中国においてある意味冒険でタブーでもある」といい、過激な性的描写を含んだ今作の劇場公開は「香港では問題ありませんが、中国本土では上映できないと思っています。これが社会の暗黒面だと思っています。まったくカットを入れていないので香港でも成人映画指定です」とのこと。物語の設定については「本来、性的欲望は男性のものだと思っていました。性欲の強い女性を描いたのは初めてなので、自分でも良く分からず苦労しました。医者からは、女性の欲望も満足がいくまで止まらないという話を聞きました」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >