2018/10/29 12:00

ピート・テオ「タレンタイム」のアフマド監督の思い出を語る

ピート・テオ
ピート・テオ

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭の企画「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #05 ラララ 東南アジア」で、マレーシア出身のマルチクリエーター、ピート・テオの特集上映が10月28日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、テオがティーチインに出席した。

 マレーシアを代表するヤスミン・アフマド監督の最後の長編映画「タレンタイム 優しい歌」(2009)の音楽で知られるテオ。ハリウッド版「攻殻機動隊」の「ゴースト・イン・ザ・シェル」にも出演、プロデューサー、監督もこなすマルチクリエイターだ。そんな活動歴からテオが関わった短編や80分のオムニバス映画を一挙に上映した。

 本映画祭の参加は「タレンタイム」が上映された第22回(09)以来。同年7月にアフマド監督が急逝し、ティーチインに立ったテオは、映画の挿入歌「I Go」を歌おうとしたものの、悲しみのあまり最後まで歌い切ることができなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >