2018/10/29 15:00

ディズニー、買収した20世紀フォックス作品の公開スケジュール調整中

ディズニーが最も重要視する「アバター」シリーズ (C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
ディズニーが最も重要視する「アバター」シリーズ (C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーによる巨額買収により、20世紀フォックスの映画作品に関する公開スケジュールの調整が進行中だと、米ハリウッドリポーターが報じている。

 20世紀フォックスの大ヒット作品「オリエント急行殺人事件」の続編にあたる、「ナイルに死す(仮題)」の全米公開が2019年12月20日から2020年10月2日への延期が発表されているが、これはディズニーの「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」(J・J・エイブラムス監督)と重複させないための措置だと言われている。2社の事業統合が完了すれば、ディズニーが20世紀フォックス、フォックス・サーチライト、FOX2000の作品を配給することになるため、自社作品との調整は必須だ。

 ディズニーのロバート・アイガー会長は、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムを次々と買収する一方、自社の実写映画スタジオとアニメスタジオとを共存させるアプローチを採用してきた。その結果、現在ディズニーは北米興行で30%ものシェアを誇り、シェア9%のフォックスを買収したことで、公開スケジュールを調整すれば北米シェア40%への到達も可能だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >