2018/10/29 16:00

カザフスタンの新鋭監督、徹底した美意識のカメラワークは「小津監督を参考にした」

エミール・バイガジン監督
エミール・バイガジン監督

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された「ザ・リバー」が10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、来日したカザフスタンのエミール・バイガジン監督が会見した。

 文明から隔絶された辺境の地で暮らす5人の兄弟の平穏な日々が、都会から来た少年の登場で崩れてゆく。シャープな構図と独特の世界観で綴る映像詩。

 初長編監督作が、いきなりベルリン国際映画祭コンペティション部門で受賞を果たすという衝撃のデビューを飾ったバイガジン監督。細部にまで張り巡らされた美意識を感じさせる今作は、監督自身が撮影を担当した。「使ったレンズは1本だけです。これは小津(安二郎)監督の撮り方を参考にしています。しかし、カザフスタンの家はとても小さいので、1本のレンズで撮るのは難しかった」と明かし、「この撮影方法は、厳格主義を維持すること、人間の内面を反映するテーマを語ることにも役立った」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >