2018/10/29 19:40

劇団・玉田企画の玉田真也初監督「あの日々の話」は共感と反感の100分の密室劇

質問に答える玉田真也監督(左)
質問に答える玉田真也監督(左)

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品された「あの日々の話」が10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、原作・脚本・監督を手がけた玉田真也、出演の山科圭太、近藤強、木下崇祥、野田慈伸、高田郁恵、菊池真琴が舞台挨拶に立ち、上映後には玉田監督が再登壇してティーチインに応じた。

 「あの日々の話」は、玉田監督が主宰する劇団・玉田企画による同名舞台を映画化したもの。ある大学サークル二次会のカラオケボックスでの一夜を舞台に、若者たちの滑稽で無様な顛末を描いた青春群像劇。映画では舞台版初演キャストに加え、太賀、村上虹郎がゲスト出演している。

 映画初監督の玉田は「原作舞台は2016年に作りましたが、その時はまさか映画になるとは思っていなかったので、映画化が実現し、しかも東京国際映画祭という最高の舞台でお披露目できて、この場に立てて本当に嬉しい」と挨拶。この舞台を映画化しようと思った理由については、「舞台原作の映画が好きで、密室で登場人物たちのパワーバランスが変化していくような話を撮りたいと思っていました。それができる一番近い戯曲だと思ったのでこの作品を選びました」と語り、カラオケボックス内はセットを組んで撮影したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >