2018/10/29 20:16

A・ナデリ監督がワークショップで日本映画の魅力を力説、自主参加・高橋克典も感化

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のセミナー企画「TIFFマスタークラス」で、イランの名匠アミール・ナデリ監督による「演劇論と俳優ワークショップ」が10月29日、六本木アカデミーヒルズで行われた。

 ナデリ監督は1980年代後半から米ニューヨークに拠点を移し、これまで世界各国で100回以上のワークショップを開いてきた。2011年には日本を舞台に西島秀俊主演で「CUT」を製作するなど、日本映画にも造詣が深く「今年のベネチア国際映画祭でも、溝口健二の『赤線地帯』の紹介をしてきた。(日本映画)大使の役割を果たしてきた自負がある」と胸を張った。

 ワークショップは約20人が受講したが、「孤狼の血」などに出演の阿部純子ら若手に交じり、高橋克典の姿も。自己紹介では、「25年やってきて、今まで誰かに師事したことがないので、(ワークショップを)経験してみたかった」と正直な気持ちを吐露した。

 思わぬベテラン俳優の参加に、ナデリ監督は喜色満面で「自分の最期の日に、どのような役を演じたいか」と難問を突き付けニヤリ。高橋はしばらく考えを巡らせた後、「すぐに浮かんだのは、『ゴッドファーザー』のアル・パチーノですかねえ」と答えをひねり出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >