2018/10/30 11:00

ピクサーの共同設立者が引退を表明

ピクサーを立ち上げたキャットマル 社長にとって長編20作目となった 「インクレディブル・ファミリー」 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ピクサーを立ち上げたキャットマル 社長にとって長編20作目となった 「インクレディブル・ファミリー」 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの共同設立者で、同スタジオとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオを指揮するエド・キャットマル社長が引退する意向を表明した。

 コンピューター科学者であるキャットマル社長は、かつてルーカスフィルムのコンピューター部門、グラフィックス・グループでさまざまな映画に参加。1986年、アップルの共同設立者スティーブ・ジョブズ氏が同グループを買収してピクサーを立ち上げると、キャットマル氏は社長とチーフ・テクニカル・オフィサーに就任。ピクサーは短編CGアニメやCM製作を経て、95年に史上初の長編CGアニメーション「トイ・ストーリー」を発表。以降、質の高いヒット映画を連発し、今年公開の「インクレディブル・ファミリー」は長編20作目にあたる。

 また、数多くのクリエイターを抱えるアニメーションスタジオの経営者として、キャットマル氏は持続可能なクエイティブ組織作りを追求。2006年にウォルト・ディズニーに買収されたのを機に、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの社長を兼任するようになると、ピクサーで培った手法を持ち込み、経営を立ち直らせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >