2018/10/30 15:00

石田祐康監督「ペンギン・ハイウェイ」“お姉さんのおっぱい”に込めた人の温もり

石田祐康監督が“おっぱい描写”に 込めたものとは?
石田祐康監督が“おっぱい描写”に 込めたものとは?

 [映画.com ニュース] 森見登美彦氏の小説を、新鋭・石田祐康監督がアニメ映画化した「ペンギン・ハイウェイ」が10月29日、第31回東京国際映画祭のJapan Now部門で上映された。石田監督は、TOHOシネマズ 六本木ヒルズでのトークショーに出席した。

 短編「陽なたのアオシグレ」「台風のノルダ」を手がけたスタジオコロリドの第1回長編作品として製作された本作は、少し生意気な小学4年生・アオヤマ君に待ち受ける、ひと夏の不思議な体験を描いた。海のない住宅地にペンギンが出現する事件が発生し、謎を解くべく研究をはじめたアオヤマ君は、歯科医院のお姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身する瞬間を目撃する。

 アオヤマ君は「お姉さんのおっぱい」に興味津々のため、ティーチインでは「この作品は、おっぱいが魅力的で、描写が素晴らしかったです。特に、お姉さんがアオヤマ君を抱きしめる場面で、胸が動く様子に慈愛を感じました。監督のおっぱいに対する思い、描き方への思い入れを教えてください」という質問があがった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >