2018/10/30 16:00

「日中映画製作の新展開」について“お互いの文化や慣習を尊重することが大事”

モデレーターの劉文兵氏、チャン氏、 柳島氏(左から)
モデレーターの劉文兵氏、チャン氏、 柳島氏(左から)

 [映画.com ニュース] 第15回文化庁映画週間のシンポジウム「日中映画製作の新展開」が10月29日、東京・六本木アカデミーヒルズ49オーディトリアムで開催され、北野武監督作品などの撮影監督・柳島克己氏(東京藝術大学大学院名誉教授)、ジョン・ウー監督作品などのプロデューサー、テレンス・チャン氏がゲストとして登壇した。

 文化庁映画週間のシンポジウムは、映画文化の最新動向を紹介するもの。今年は、5月に日中映画共同製作協定が発効され、それを機に期待される「日中映画製作の新展開」をテーマに掲げた。国境を越えて映画作りの最前線で活躍する柳島氏とチャン氏が、将来的な両国の協力の可能性などについて語った。

 この10年間、中国映画界は著しい成長が見られ、それと共に観客が洗練化されていったというチャン氏。日本映画界に対しては、「12年くらい前から日本の作曲家や俳優たちと仕事をしてきたが、彼らは非常に優秀だ」としつつ、「文化の違い、仕事のやり方の違いはある。どの国であっても相手の文化や慣習を尊重すること。コミュニケーションの問題は起きるので、お互いを理解しようとすることが大事」とした。そして、「両方のマーケットで成功することを優先するのではなく、交流を促進し、文化を理解するための共同製作が大切ではないか」と語った。最新作は、役所広司主演の日中合作映画「ウィングス・オーバー・エベレスト」(原題)で、来年日中で公開を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >