2018/10/30 16:00

第2の「カメ止め」? 週末監督が300万円で描いた青春ドラマ

製作費は300万円!
製作費は300万円!

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品された「メランコリック」が10月30日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、田中征爾監督、出演・プロデューサーの皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹がティーチインに出席した。

 大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦(皆川)が、ふとしたことから銭湯に勤務。ところが閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知り、やがて同僚の松本(磯崎)は殺し屋だったことが明らかになるというストーリー。脚本・監督は本作が初長編作品となる田中氏。同い年の3人組、田中氏、皆川、磯崎が立ち上げたユニット「One Goose」で製作した。

 普段はIT系会社に勤務している田中監督は「皆川君は俳優、磯崎君は18歳の時からの親友。皆川君から『仕事を待つだけの人生はいやだ。脚本・監督をやってくれ』と言われ、金も出してくれた。東京国際映画祭では唯一、ただのピュアな自主映画です」と紹介。内容については「僕自身、福岡の進学校に行っていた。友達は弁護士や会計士になったが、自分は(IT会社で働く)映像屋で、劣等感を持ったことがあったので、主人公に背負わせた」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >