2018/10/30 19:00

福地桃子、初主演「あまのがわ」は試行錯誤の連続「たくさんのこと教えてもらった」

舞台挨拶に立った福地桃子ら
舞台挨拶に立った福地桃子ら

 [映画.com ニュース] 哀川翔の次女で女優の福地桃子が主演した「あまのがわ」が10月30日、第31回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、福地をはじめ共演の吉満寛人、住岡梨奈、渡邉幸愛、園田あいか、生田智子、メガホンをとった古新舜監督が舞台挨拶に出席した。

 神秘の島と称される鹿児島・屋久島が舞台。祖母から教わった太鼓の演奏を楽しむ女子高生・史織(福地)は、人工知能の研究者である母・聡美の厳しいしつけに耐えかね、心を閉ざし不登校になってしまう。祖母の入院をきっかけに屋久島へひとり旅立つことになり、道中で出会った人々や“分身ロボット”との交流を通じ新たな自分を発見していく。

 映画初出演にして主演の大役を担った福地。心を失くした少女に扮し、撮影では試行錯誤の連続だったようだ。「普通の女子高生が感じる葛藤や、日常のコミュニケーショントラブルなど、些細な問題に焦点を当て、考えることがとても多かった」といい、「向き合うことができて、普段の自分では考えることができないことを、たくさん教えてもらいました」と充実感たっぷりに明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >