2018/10/30 20:30

吉田羊、虐待母を演じた苦悩「思考回路が理解できず」

舞台挨拶に立った吉田羊、太賀ら
舞台挨拶に立った吉田羊、太賀ら

 [映画.com ニュース] 女優の吉田羊が10月30日、都内で行われた出演作「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の完成披露試写会に出席。本作で息子を心身ともに傷つける虐待母を演じ「どうして虐待をしてしまうのか。思考回路が理解できず、どう演じたらいいのかわからなかった」と苦悩を語った。

 小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを実写映画化。幼い頃から大好きな母・光子(吉田)に愛されることなく育った息子のタイジが、壮絶な家庭環境から抜け出しながらも、やがて母と向き合う覚悟を決める姿を描く。この日は、タイジを演じる主演の太賀、メガホンをとった御法川修監督(「すーちゃん まいちゃんさわ子さん」)も登壇した。

 原作者である歌川氏から多くのエピソードを聞き取ったという吉田は「聞けば聞くほどひどい話ばかりだったが、歌川さんが『それでも一生懸命に生きた人だった』と笑顔で話す姿を見て、この気持ちが伝わればいいのかなと思った」と回想。「私が演じる母親が未熟であればあるほど、逆説的に息子が母の愛を求めている。なかば願うような気持ちだった」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >