2018/10/30 22:45

イッセー尾形、「漫画誕生」ティーチインで大木萠監督をあ然とさせた一言とは?

ティーチインで思い出した!
ティーチインで思い出した!

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門で「漫画誕生」が10月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、イッセー尾形、篠原ともえ、大木萠監督がティーチインに出席した。

 漫画を初めて職業とし、「近代漫画の父」といわれる北沢樂天の半生を描くドラマで、イッセーが樂天、篠原が妻のいのを演じた。観客からの質問に応じる前に、イッセーが「監督に聞きたいんだけれど、なんで樂天を映画にしようと思ったの?」と切り出した。

 大木監督は、「一時代を築いたのに、忘れ去られてしまったところに興味をひかれました。私は将来、(俳人の)尾崎放哉の映画を撮りたいと思っていて、そこにつながるとも思ったんです」と説明。イッセーも、「すごいよね。普通は映画にしないで、放っておくから」と称えた。

 イッセーのキャスティングについては、「世代的に一人芝居は見ていなかったけれど、本当にファンで樂天のユーモアを表現できるのはイッセーさんしかいない」と“一本釣り”だったことを強調。いのの60歳までを演じた篠原に関しては、「プロデューサーの1人がどうかということだったけれど、シノラーでお芝居をちゃんとしているイメージがなかった。でも、老けたところが見てみたいと思った」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >