2018/10/31 11:00

スパイク・リー監督、「スパイダーマン」スピンオフ監督からの離脱を表明

スパイク・リー監督 Photo by Amanda Edwards/ WireImage/Getty Images
スパイク・リー監督 Photo by Amanda Edwards/ WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「オールド・ボーイ」以来5年ぶりの監督作となる「BlacKkKlansman(原題)」で第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門グランプリに輝き、復活を印象付けた名匠スパイク・リーが、かねて監督候補に挙がっていた「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ映画「ナイトウォッチ(仮題)」から離脱したことを明かした。

 スパイダーマン・ユニバースの拡大を図る米ソニー・ピクチャーズは、11月2日から全国公開される第1弾「ヴェノム」を皮切りに、ジャレッド・レト主演でバンパイアヒーローの孤独な戦いを描く「モービウス(原題)」、“女性版スパイダーマン”として愛される人気ヒロインが主人公の「シルク(原題)」など数々のスピンオフ企画を進めている。

 「ナイトウォッチ」もその一環として昨秋、製作準備に入ったという噂が浮上。今年3月には、Netflixのマーベル・ドラマ「ルーク・ケイジ」でショーランナーを務めるチェオ・ホダリ・コーカーが脚本を執筆、リー監督がメガホンをとると報じられたものの、その後は続報が途絶えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >